トップページ主要活動交流・懇談会活動>経済団体



 「第16回 三経連経済懇談会」を開催



 北海道経済連合会、(社)東北経済連合会および北陸経済連合会による「第16回三経連経済懇談会」は、平成23年9月15日(木)仙台市内で開催され、三経済連合会の会長・副会長をはじめ45名が参加。当連合会からは永原会長をはじめ16名が参加した。

 最初に三経済連合会の各会長から挨拶があり、永原会長から
  ・「西日本経済協議会」を通じた東日本大震災被災地への支援
  ・北陸新幹線全線整備の実現ほか社会インフラ整備の促進
の2点を中心に話があった。
 懇談では、今回の基本テーマ『大震災からの復興と』に基づき、2つの個別テーマについて意見交換が行われた。

 テーマT「大震災からの復興と災害に強い地域づくり」では、犬島副会長から、『社会資本の整備による「一極一軸型」から災害に強い「分散複軸型」国土への転換』の意見発表があり、質疑応答では、北陸新幹線による東海道新幹線の代替補完機能の評価の概要について、山崎常任理事が回答した。

 続いて、以下の5項目の国等への要望を決議した。
  1. 東日本大震災被災地域の早期復興に向けた支援策の強力な展開
  2. 地域産業の競争力強化や新産業育成に向けた支援体制の強化
  3. 地域産業の発展と災害に強い地域づくりに向けたインフラ整備の推進
  4. 国内外に対する観光戦略の推進
  5. 産業・生活に不可欠な安定的かつ経済的なエネルギーの維持確保
 また、16日には、東松島市内の被災地を視察した。