交流・懇談会活動

公開日時:2020/02/132020.02.03(月)福井会場

2019年度会員懇談会(福井会場)を福井県県民ホールにて開催し、会員約80名が参加した。

懇談会では、久和会長の挨拶の後、「AI(人工知能)」をテーマとして講演会を行った。

最初に㈱日立製作所 E2E改革本部 サービス・プラットフォーム開発部 担当部長 古澤裕一氏より「経営改革を加速する日立のデジタルトランスフォーメーション」と題して、経営危機からのV字回復を成し遂げた㈱日立製作所の構造改革の取り組みと現場でのAI活用事例について講演いただいた。

次に福井のコンビニ「オレボ」を経営する㈱大津屋代表取締役社長 小川明彦氏より「AI活用によるお惣菜自動会計システム」と題して、お惣菜の量り売りレジにAIによる画像認識の技術を導入し店員の作業負荷軽減した事例について講演頂いた。

続いて、㈱福井新聞社 営業局営業部 髙橋良彰氏とAIコンサルティング事業を行う㈱レッジ 執行役員 飯野希氏より「福井発!地元企業とAI活用を協創する『THINK AI』ワークショップと題して、福井県内企業の若手社員や学生が、各社の課題をAI活用することにより新たな事業創出を考えるワークショップの取り組みや地方でのAI活用について講演頂いた。

講演後、会員からの質疑応答や意見交換を行い、講演会終了後懇親会を実施し、伊東副会長に乾杯の発声を頂いた。

北経連 久和会長
㈱日立製作所 古澤担当部長

㈱大津屋 小川社長
㈱福井新聞社 髙橋氏

㈱レッジ 飯野執行役員
北経連 伊東副会長